ブレイクダンスを始める初心者が踊れるようになるための基本ガイド » ブレイクダンス初心者が読むべき超基本講座!

ブレイクダンス初心者が読むべき超基本講座!

↓↓ブレイクダンスを動画で見てみよう!

※地球の重力を無視したかのような華麗な世界大会の様子w

 

 

 

レイクダンスの構成は基本的に「エントリー」「フットワーク」「パワームーブ」「フリーズ」の4つを組み合わせて行うことになります。

 

この4つを盛り込んだ一連の流れをワンムーブ(1つのムーブ)としますが、必ずしも全部の動きを入れる必要はありませんし、この組合せはダンサーそれぞれの考えやその状況により変わってきます。

 

※ワンムーブの例

エントリー → フロアー → フリーズ
エントリー → フロアー → パワームーブ → フリーズ
パワームーブ → フロアー → フリーズ
フロアー → フリーズ → パワームーブ → フリーズ

 

 

それでは次に、この4つを1つずつ説明していきます。

 

エントリーとは

技に入る前の最初のステップともいえるブレイクダンスの基本です。

 

簡単に言うと『立ち踊り』の事ですね。

 

エントリーの代表的なムーブにはトップロック、アップロック、ブロンクスステップ、ジャルストン、ツイストなどがあります。

 

 

【動画】エントリー(トップロック)の例

 

 

フットワークとは

床に手を付いて足をすばやく動かしたり挑発したりするもので、ブレイクダンス特有の動きになります。

 

フットワークの種類には、1歩・2歩・3歩・4歩・5歩・6歩などがあります。

 

ダンスバトルなどでは、まずこのフットワークから入りパワームーブ→フリーズの流れで構成するのが基本ですね。

 

 

【動画】フットワークの例

 

 

パワームーブとは

ブレイクダンスと言えばこの動き!と言ってもいいぐらい代表的なムーブです。

 

これに憧れてブレイクダンスを始める人も多いですよね。

 

パワームーブとは全身を使ったアクロバティックなムーブの事で、主に跳ねたりまわったりする動きをします。

 

代表的な技としては、ウインドミル・スワイプス・トーマス・ヘッドスピン・ラビット・ナインティなどがあります。

 

 

【動画】ウインドミルの例

 

 

フリーズとは

ブレイクダンスの流れの中でも最後に持ってくることが多いムーブ。

 

音楽に合わせてフットワークやパワームーブの後に体の動きを静止(ポージング)する事ですね。

 

フリーズとは、その名の通り「止める」という事です。

 

 

そこまで行くまでが完璧でかっこよくっても「フリーズでしっかり止まれなくてはすべてが台無しになってしまう」と言っても過言ではないので、しっかりとフリーズはキメるようにしましょう。

 

代表的な技としては、フリーズ・マックス・アローバック・ハローバック・ジョーダンなどがあります。

 

 

【動画】フリーズコンテスト

 

 

 

最後に、ブレイクダンスを始める初心者の方へ

はっきりと言わせてもらいますが、ブレイクダンスは踊れれば超楽しいし超気持ちいいです!

そして、本人の頑張り次第で誰にでも出来るものです。

ガリガリで筋肉が全然ないという人でも練習をしていればダンスに必要な筋肉が自然とついてきます。

ようはやる気と根気、努力と継続が大切なのです。

 

最初から出来ないからと諦めていては一生踊ることなんて出来ません・・・。

踊れるようになるかは本当に本人のやる気次第なんです。

 

踊り始めの頃は思ったとおりに出来なくて、歯がゆい気持ちになることでしょう。

ブレイクダンスを踊るのを諦めて辞めたくなる事もあるかもしれません。

しかしそれは、今現役で活躍しているプロのダンサー達も必ず通ってきた道なのです。

 

なのでこれから始めるあなたも、ブレイクダンスを楽しめる良いダンサーになれるよう頑張っていきましょう!

 

最新記事
人気記事Ranking
カテゴリー